la pomme

寝ながら美人!おさえておきたい4つのポイント!

寝ながら美人!おさえておきたい4つのポイント!

よく寝ていると肌の調子がいいことありませんか?

よく眠ることができた次の日。体調や肌の調子が良い!なんてことありませんか?
寝ている間は、「若返りホルモン」という成長ホルモンが分泌されます。このホルモンにより、血流量が増えて全身に栄養が巡ります。それによって、体の色々な部分の調子が良くなるのです。

ただ寝るだけじゃだめ!
正しいお手入れをしてから眠ると、より効果を高めることができますよ♪
 

1.眠る時間帯

肌の再生にかかる時間は、最低でも6時間。
肌の生まれ変わりをサポートする、午後10時~翌午前2時の時間帯を「ゴ-ルデンタイム」と呼びます。この時間帯に眠ると、ホルモン分泌が高まり、肌のターンオーバーも活発に。
 

2.仰向けで眠る

仰向けで眠ると、ほうれい線を均等にして浅くする効果があります。
うつ伏せだと顔がむくみ、横向きだとたるみやシワができやすくなります。なので、仰向けに寝るのがおすすめ!
 

3.寝る前に飲むもの

抹茶
お茶の旨味「テアニン」というアミノ酸が、脳をリラックスした状態にしてくれる。

白湯
体がリラックスモードになり、脂肪の分解がスムーズに。

はちみつ
大さじ1のはちみつをお湯に溶かして飲むだけ。これで、ホルモン分泌がよくなる。
 

4.夜ご飯

トマト
トマトに含まれるリコピンは美肌にはもってこいの食材。

納豆・豆腐
たんぱく質は、睡眠の質を上げてくれる。また、メラトニンという成分が睡眠を促してくれる。

ビタミンCを含む食材
寝る前にビタミンCを摂取すると、コラーゲンの生成を助けてくれる。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top