la pomme

知ってる?調味料の基礎知識

知ってる?調味料の基礎知識

自炊するなら覚えておこう♪

普段自炊しない人がいざ自炊をしようと思ったとき、一番困るのは「味付け」ではないでしょうか?

「どのタイミングで味付けするのかな?」
「甘みを出すなら砂糖?みりん?」
「料理酒って普通の酒とどう違うの?」

などなど、色んな疑問が生まれてくるかと思います。
よく料理する人なら困ることはないけど、普段やらない人には大問題ですよね。間違えて使っちゃうと、想像とは全く違う味になって失敗しちゃったりなんてことも。

知ってる人も知らない人も、調味料の基礎知識をきちんと覚えちゃおう♪
 

料理の基本「さしすせそ」

さ・・・・・砂糖
し・・・・・塩
す・・・・・酢
せ・・・・・醤油
そ・・・・・味噌

これは誰でも知ってますよね。でも、名前以外にも違う意味があるって知ってましたか?

この順番、味付けをする順番でもあります。
砂糖は分子量が大きく、素材に味が染み込むのに時間がかかります。また、食材を柔らかくする効果もあるので、他の調味料よりも最初に使います。

砂糖の次は塩。浸透するのがわりと早く、素材を引き締める効果もあります。
酢・醤油・味噌は香り豊かな調味料なので、香りを損なわないように仕上げとして使いましょう。

ただし、この順番が当てはまるのは煮物料理の場合です。焼く場合は、醤油や塩が先で砂糖は焦げてしまうので後。

薄口しょうゆと濃口しょうゆ

醤油と言えば、色んな味付けに使います。
でも、薄口と濃い口の違いが分からない人もいるはず。

薄口しょうゆ

関西で生まれた薄い色をした醤油。
関西風うどんや炊き込みご飯など、あまり色付けをしたくない場合に使用。素材の味を生かす料理には最適です。

「薄口なら塩分やカロリー控えめ」と勘違いしている人もいるのでは?薄口は、濃い口よりも塩分が高いです。

濃口しょうゆ

おそらくこちらが一般的な醤油。色をあまり出したくない料理以外すべてに使えます。
塩分は薄口より低く、全国消費の8割を占めるオールマイティな醤油。

砂糖とみりんの使い分け方

甘みを出したりつやを出したい時、どっちを使えばいいのか分からなくなる人っていますよね。
もちろん砂糖は甘いものだし、みりんも甘みをだしてくれるし照りも出してくれます。じゃあどっちがいいの?そう疑問に思うかもしれませんね。

砂糖

やはり甘みを出したい時には断然こちら。お菓子を作る時なんかはよく使用しますよね。
砂糖は素材に味が入りにくいので、煮物の時などには始めの方で入れるといいです。

みりん

使うと甘みが出ますが、甘みを出すのが目的の調味料ではありません。

みりんは、本来魚の臭み消しとしてよく使われます。
また、砂糖ではだせないまろやかな甘味と旨味を出します。隠し味として使う場合もあります。
 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top