la pomme

太ももマイナス10センチ!

太ももマイナス10センチ!

脚やせストレッチで内ももを引き締めよう!

block_img_28851
内転筋は普段使われることの少ない筋肉の一つ。この内転筋をストレッチで鍛えれば、太ももやせにかなり効果が期待できるようです。

▶▶内転筋ってどこにあるの?
内転筋は太ももの内側を中心についています。脚やせストレッチを行い、内転筋のある太もも内側を鍛えてみましょう!

1. 横に寝っ転がってやる太ももやせストレッチ

《やり方》
1.横向きの姿勢をとり、息を吐きながら下の足をゆっくり3秒ぐらいかけて上に持ち上げます。(上の足はお尻側にずらしておく)ひざの裏側が伸びるように足首を天井側に向けて、3秒間キープします。
2.足を下ろし、床から離れた状態で止めます。

1、2の「3秒かけて脚を持ち上げ→3秒キープ→床から少し浮かせてストップ」という流れを、1セット5~10回×3セットやります。

 

2. 座ってやる太ももやせストレッチ

block_img_28853
《やり方》
1.椅子に座った状態で、両脚太ももにクッションを挟んで背筋を伸ばします。
2.両手は頭の後に添えて、お腹を意識しながらお腹をへこませます。息を吐きながら両太ももでクッションに力を入れてへこまして、息を吸いながら元に戻します。これを20回繰り返しましょう。

脚やせストレッチで太ももを全体的に鍛えるには

脚やせストレッチ:フルスクワット

block_img_28858
これはエネルギー消費量も大きく、痩せるエクササイズとして期待が高まるストレッチ♡
《やり方》
1.足を肩幅に開いて胸を張る。
2.息を吸いながら3~4秒かけて、太ももが地面と平行になるくらいまで腰を下に下ろしていきます。
2.息を吐きながら、ゆっくりと腰を上げていきましょう。

これを10~20回を1セット×1日1~2セット行ってください。

※注意点
スクワットは正しいやり方でやらないと膝などを痛めてしまう可能性があります。
・背筋はまっすぐ
・骨盤を前傾させすぎない、後傾させない
これらが特に重要なポイントです。

スクワットの正しいやり方をご自身で調べてからやりましょう。

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top