la pomme

実は栄養豊富!?みかんの白いすじ

実は栄養豊富!?みかんの白いすじ

みかんの白いすじは取らずに食べなきゃ損!

みかんを食べるとき、白いすじを取って食べる人と取らずに食べる人がいます。
口当たりが嫌だったり、取ったほうが美味しいと感じる人も多いのでは?

実はこの行為、とってももったいないことをしちゃってるんです!


白いすじの正式名は「アルベド」
柑橘類の果皮の内側にある、海綿状あるいは繊維状の白い部分のことを言います。
実はこれ、食物繊維が豊富でビタミンPが含まれているんです。
 

ビタミンP

ビタミン様物質と呼ばれるもので、ヘスペリジン・ルチン・エリオシトリンなどの総称。そのうちゲスペリジンは、みかん由来のポリフェノール。柑橘類に多く含まれており、実の部分よりすじや皮のほうが豊富に含まれています。
健康維持のため、重要な栄養素としても知られています。
 

利点

  • アトピー・花粉症による反応を抑制
  • 壊れやすいビタミンCを守る
  • コレステロール値の改善


みかんの白いすじや皮を食べるのに抵抗がある方は、マーマレードやみかんピール、みかんの皮をスパイスにした陳皮、皮ごとミキサーに入れてジュースしてみましょう。
そうすれば、まるごと食べることもできるし、ビタミンPも摂取できます。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top