la pomme

自分の容姿がとても醜いと感じてしまう病気、身体醜形恐怖症とは?

自分の容姿がとても醜いと感じてしまう病気、身体醜形恐怖症とは?

「自分は醜い…」必要以上に自分のことを醜いと感じてしまう…

「身体醜形恐怖症」という病気をご存知でしょうか?
最近では、「ダイ・ハード」や「アルマゲドン」などで有名なアメリカの俳優、ブルース・ウィリス氏の娘であるタルーラさんがこの病気を告白しました。

身体醜形障害 1

こちら、タルーラさんのお写真です。目鼻立ちがくっきりしていて、スマートな美人さん♪
ですが、こんな綺麗な人でも身体醜形恐怖症に陥ってしまうのです…
 

身体醜形恐怖症とは

自分の体の一部分あるいは複数の部分を、必要以上に醜いと思い込んで、悩み続ける精神障害のことです。そのほとんど人は、他人から見て何も気にならないようなことを真剣に悩んでおり、いくら他人が「誰も気にならないし、変じゃないから大丈夫だよ」と説得しても聞く耳を持たないという特徴があります。 また、海外では醜形恐怖症ではなく、身体醜形障害(Body Dysmorphic Disorder)、略してBDDと呼ばれています。

実は美形の人ほど陥りやすい?

思春期の発症が多い

思春期は様々な悩みを抱える時期。この病気も例外ではありません。
例えば鼻が団子鼻なことにコンプレックスを持っている人がいて、「〇〇ちゃんって団子鼻だね~」と、言ってしまったとします。団子鼻だから醜いという意味ではない、悪気のない一言でも、深く傷つき、一生そのことについてコンプレックスを抱くということもあるのです。

実際の顔立ちは整っている

「醜形」と言うぐらいですから、元から顔立ちが整っていない人が陥る病気だと思いがちですが、実際は逆なのです!
患者さんの多くは一般的に見ても美形の人がほとんどなんだとか。二重の1mm以下の幅の違いや、輪郭の微妙な歪みなど、本当に些細な違いが気になってしまうそうです。

なりやすい性格がある

あくまで多めの傾向があるというだけで、この性格の人だけではありませんが、
完全主義
我が強い
負けず嫌い
という性格の方がなりやすい傾向にあるそうです。 一度自分を醜いと思ってしまったら、そのイメージが拭いきれないのでしょうか…
 

こんな人は要注意!もしかしたら身体醜形恐怖症かも?

自撮り写真をSNSなどに頻繁にアップする
異常なほど鏡を見る
マスクやサングラス、帽子などが手放せばい

 

参考サイト
身体醜形恐怖症の人は美容整形を受けるべきなのか?
Wikipedia:身体醜形障害

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top