la pomme

トラブル回避!カラコンとの上手な付き合い方

トラブル回避!カラコンとの上手な付き合い方

カラコンが手放せない!でも、目のトラブルが心配…

おしゃれアイテムの一つであるカラーコンタクト。

コンタクトのように、目につけるだけで見た目を変えるとこができるので、色々な人が使っています。
そんなカラコン。上手にお付き合いしていかないと、トラブルを引き起こしてしまうことも!

そこで、カラコンと上手に付き合っていく方法をいくつかご紹介。
 

メイク前に着装

メイクしてからつけようとすると、ファンデーションやアイシャドウなどで手が汚れてしまいます。
化粧品には油分が多く含まれています。メイク後、綺麗に手を洗った手でレンズを触っても、洗い残しがレンズに付くことも!なので、カラコンはスッピンの時につけちゃいましょう。
 

クレンジングはカラコンを外してから

装着したままクレンジングすると、クレンジング剤が目に入ってしまうことが。
クレンジング剤がレンズに付着すると、変形したり角膜障害を引き起こす恐れがあります。なので、クレンジングをするときは、まずカラコンを外しましょう。
 

クリームタイプのアイシャドウ

パウダー状のアイシャドウは、粉が飛びやすいです。この粉が、レンズにとっては非常に厄介!
カラコンを使うと、目が痒くなるという事ありませんか?この痒みの原因は、アイシャドウの粉が原因という場合があります。なので、痒みが気になる人は、クリームタイプのアイシャドウを使おう!クリームタイプなら、粉が付着する心配なし!
 

アイメクは距離を置いて

最近は、まぶたの内側までアイライナーを引く人も多くいます。しかし、カラコン使用者には注意が必要!
カラコンを使う人が、まぶたの内側までがっつり塗ってしまうと、目の炎症を引き起こす恐れが高いです。なので、カラコンを使う場合は、できる限りうわまぶたに塗りましょう。

マスカラは、真ん中から外側に向かって塗ると、カラコンが汚れることを防ぐことができます。

 

いかがでしょうか?
カラコンを使用している人は、今一度使い方を振り返ってみましょう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top