la pomme

その胸の痛み、実は「肋間神経痛」かも?

その胸の痛み、実は「肋間神経痛」かも?

たまに胸がズキっと痛むことはありませんか?

心疾患の持病を持っているわけでもないのに、胸が「ズキィッ!」と痛んだ経験のある方はいませんか?「もしかしたら重い病気になっちゃったのかな…」と、不安に思ったこともある方も中にはいると思います。

ですが実はそれ、「肋間神経痛」かもしれません!

肋間神経痛とは

肋骨(ろっこつ)に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のこと。その原因は不明なものが多い。あくまで症状であり、病名ではない。 (引用:Wikipedia

この症状は中年以降に増加しますが、若年層(幼い子供も含む)もなることがあります。

症状

突然、針などで「ブスッ!」と刺されるような激痛に襲われます。基本的には体の片側に痛み、左右どちらかは人によって異なるそうです。
体を捻ったり、深呼吸や咳をした時の肋骨の動きによって誘発されるため、神経に痛みが走ります。

また、発作的に起こることもあれ、慢性的に持続して起こることもあるそう!
特にこれと言った前触れもなく突然起こるため、時と場合によってはとても厄介なものです。

原因

1番大きな原因は「ストレス」ですが、他にも

筋肉の使いすぎ・疲労・冷え
ストレス
帯状疱疹ウイルス(VZV)
ヘルニア
肋骨骨折・脱臼
狭心症

などが考えられます。
また、身体に負担をかける姿勢なども原因の1つに!正しい姿勢を保つことを意識すると改善されるかもしれません。

治療・対処方法

受診する際は、麻酔科(ペインクリニック)へ!
何故ならこの症状の治療は、専門の病院で一度検査し、治療が必要な場合には神経ブロック(局所麻酔薬)を使用した注射が使われるためです。
ちなみに神経の炎症がある場合は、ステロイドが混ぜて投与されるそうです。

麻酔科にいきなり出向くのが不安な方は、まずはかかりつけ医に相談してもOK!
温湿布や冷湿布の併用になってしまいますが、民間での治療も可能です。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top