la pomme

夏のお肌は貧血気味!?

夏のお肌は貧血気味!?

貧血は意外と肌への影響も大きい

紫外線、汗、エアコンによる冷え、食欲不振、脱水症状など。
夏は美容を妨げる要因がたくさん!これらのようなストレスを受け続けると、それに対抗しようと栄養素も一緒に消費されてしまうそうです。その中の1つとして挙げられるのが「汗と一緒に流れてしまう」こと。

そもそも汗をかくことには重要な意味があります。汗をかいて体を冷ましてくれ、体温調節をしてくれます。しかし、汗は美容や健康に欠かせない様々な栄養成分も一緒に流れ出してしまいます。その栄養素の1つが鉄です。

吸収率が最も悪い

厚生労働省が行った調査によると、毎年不足している栄養素として挙げられているものが鉄。汗と一緒に流れやすい鉄ですが、そもそも食事から摂取している量は、実はとっても少ないんです。なので、こまめに摂取して鉄不足を改善したいところ。

鉄が不足している症状を貧血と呼びます。
血液検査などで「貧血」と判定された場合、相当鉄不足が進行している状態。そうじゃなくても、貧血気味(隠れ貧血など)な人は多くいます。

  • 手足の末端が冷える
  • 疲れやすい
  • 血色が悪い
  • 頭痛がある
  • 息が切れる
  • 食欲不振
  • やる気減退
  • あくびが頻繁に出る


貧血の際に現れる、これらの症状に心当たりはありませんか?もしあった場合は貧血になっている可能性があるので、鉄分を摂取するよう心がけましょう。
 

美肌に必要不可欠

美肌の条件として挙げられるのが血色の良い肌。
これには鉄が大きく関わっています。

鉄は、赤血球のヘモグロビンという成分になり、全身の隅々まで酸素を運んでくれます。酸素が運ばれると熱が生まれ、血行が良くなり、血色の良い肌も作ってくれます。また、貧血気味の方に末端冷え性が多いのは、末端に酸素が運ばれにくくなっているから。

 

ビタミンCと一緒に摂取

鉄が豊富な食品は、レバー、牛肉の赤身、貝類、小魚、海藻類、大豆製品、青菜類など。動物性食品に含まれる鉄のほうが、植物性食品の鉄より吸収が良いそうです。とはいえ、どちらも吸収率は悪いです。

そこで、鉄と一緒に摂取したいのがビタミンC。これには、鉄の吸収率を高めてくれる効果があります。ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすい。調理による損傷は大きいので、果物など生で食べられるものがおすすめ。果物なら、食後のデザートとして簡単に食べることができるので便利!他にも、旬の野菜や果物にも、ビタミンCが多く含まれているものもあるので、それらを中心に食べていきましょう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top