la pomme

気になる髪のパサパサ…正しい方法でしっかりケアしてあげましょ♪

気になる髪のパサパサ…正しい方法でしっかりケアしてあげましょ♪

気づいたら髪がパサパサに…乾燥が気になるこの季節は、しっかりケアすることが大切だった!

毎年悩まされる、女子の大敵である「乾燥」の季節。傷んだ髪では女子力down↓↓
正しいケアをして"痛み"とはさよならしませんか?
髪が痛む原因とケア方法、教えちゃいます!
 

どうして冬は髪が痛むの?

autumn-beanie-brunette-chic-Favim.com-2285674

①空気が乾燥している

乾燥した空気の部屋にいると、喉に不調がでる方も多いと思います。
実は髪の毛も同じで、乾燥している場所はNG!
湿度20%以下のカラカラの空気は、髪の水分を奪ってしまうのです。

②静電気による摩擦

乾燥しているところでブラッシングをすると、摩擦で静電気が発生!
その静電気が髪を傷めている原因。
髪の表面にあるキューティクルに大ダメージを与えているのです。

対処方法

空気が乾燥しないように、換気をこまめにする。
静電気の発生しにくいブラシを使う。
 

正しいトリートメントの仕方

beautiful-body-chic-classy-Favim.com-1283371

「シャンプー」→「トリートメント」→「リンス」の順で行いましょう。
リンスとトリートメントの順番を逆に行っている方も多いですが、実はそれ、間違いなんです!
何故なら、リンスとトリートメントのそれぞれの役割があるから!

リンス…髪の"表面を保護"するもの
トリートメント…髪の"内部を補修"するもの

リンスを先にしてしまうと、髪の内部までトリートメントの成分が行き渡らず、効果は激減!
リンスは必ず、トリートメントの後に行ってくださいね。
(ちなみに"コンディショナー"はリンスの上位互換のようなものです。)

トリートメントのポイント

①きちんと水気をきる
髪に水分が残ったままでは、せっかくのトリートメントが流れていってしまいます。
手でぎゅっと絞って、水分をきってあげましょう♪

②きちんと揉み込む
下から上に揉み込むようにトリートメントを付けましょう。
この際、頭皮に付かないように気をつけて!

③少しの間放置する
付けてすぐに洗い流してしまうと、トリートメントの成分が髪の毛に浸透しません。
3~5分、長くて10分ほど時間を置いてから洗い流しましょう。
ちなみにリンスは時間を置かなくてもOK!すぐに洗い流して大丈夫です。



いかがでしたでしょうか?
しっかりケアして冬でも美髪を保ちましょ♪
 

.

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top