la pomme

髪の毛を早く乾かすコツ!ちょっとの工夫で時間短縮☆

髪の毛を早く乾かすコツ!ちょっとの工夫で時間短縮☆

ロングヘアーだと乾かすのに時間がかかってめんどくさい!そんな人に知ってもらいたい髪の毛を早く乾かすコツ!

暑いこの季節、お風呂上がりのドライヤーはいつも以上に暑く感じて、少し億劫になりますよね。
ですが、めんどくさいからといって濡れたまま眠るのは絶対にNG!!
髪を傷めてしまうのはもちろん、頭皮に残った水分から雑菌が繁殖し、臭いの原因となってしまいます。

しかし、ちょこっと工夫するだけで、髪を乾かす時間を短縮できるのです…!!
 

タオルドライをしっかりと行う

①洗髪後、手で毛先をきゅっと絞って、水気を切る
②乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かし地肌と根元の水分を揉むようにふき取る
③髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでやさしく押さえ、水気を吸い取る

欲張って度にたくさんの毛束を一気に乾かすのではなく、少しずつ毛束を取って乾かすことが大事!
ヘアアイロンも少しずつ毛束をとってスタイリングしますよね?それと同じです。
 

少し時間を置く

髪にタオルを巻いて、少し時間を置きましょう。
その間にスキンケアをしてもいいですし、部屋の掃除なんかしてもいいかもしれません♪
 

キッチンペーパーで水気を取る

タオルドライだけでは、やはり水気が残りがち…
そんな髪の水気をとってくれるのが、どの家庭にもある「キッチンペーパー」
ティッシュでも代用できますが、ティッシュは水に弱く、髪の毛にくっついてしまい効率が悪いので、キッチンペーパーがおすすめ!
キッチンペーパーは厚みがあるので、髪を包んでぎゅっとしぼっても破れることがありません。

それに加え、しっかり水気も取ってくれます♪
水分は毛先に溜まっていくので、タオルドライ後に毛先にくるくると巻きつけておくだけで、かなり効果が出ますよ~♥
 

タオルの上からドライヤー

濡れた髪をタオルで覆って、その上からドライヤーを当てると、タオルの中がサウナ状態になります。
そうすると、髪の水分がタオルに吸い込まれ、吸い込まれた水分はドライヤーの熱で外に飛ばされるので、早く乾きます。

また、この方法は直接髪にドライヤーを当てることがないため、髪の傷みも少なくすることができます。
 

洗面所では乾かさない!

髪を乾かす場所もポイント!
湿気が多い場所では髪の毛は乾きにくいので、リビングや自室などで乾かすと〇。
 

ブロッキングして乾かす

髪の毛の量の多い人には特に実践してもらいたい方法!
ブロッキングすることにより、きちんと中も乾かすことができます。根元も乾かしやすいので、ニオイ対策にも☆

この際、下から上に乾かすのはNG!!
髪の毛のキューティクルの流れに逆らうことになってしまいます。
基本的に乾かす時は「上から下へ」が原則です。
 

最後は冷風

髪の毛を乾かしたら、仕上げは冷風で締めましょう。
冷風をかけること髪の毛のが出やすく、スタイリングも維持されます。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top