la pomme

フットカバーのずれを解消しよう!

フットカバーのずれを解消しよう!

何度もずれて脱げるとイライラする!

パンプスを履くときに便利なフットカバー。ストッキングが苦手な人なんかはよく履いているのではないでしょうか。
夏の時期なんか履いている人も多いですね。

そんなフットカバー。歩いているとだんだんずれて脱げてしまうことありませんか?脱げる度に履き直し、また脱げて履き直す…この繰り返し。靴を脱ごうとすると、フットカバーも一緒に脱げちゃう。これ、地味にイライラしますよね。どうして脱げるんだよ!って。

そんなフットカバーを、脱げてイライラせずにしたいですよね。
脱げにくくする方法があるので、ちょっと試してみてはいかが?
 

ストラップ付きフットカバー

tj-tjs832-11
ストラップがついていることで、ずれて脱げてしまうことがありません。
ストラップやリボンを、今持ってるフットカバーに結んで履くのも効果があるそうですよ。わざわざ買うのはちょっと…という方はおためしあれ♪

 

滑り止めが付いたフットカバー

imgrc0065450073
これがあれば脱げる心配無用!
これ以外にも、2重になってすべりにくい加工がされたものや、クッション付きのものでも脱げにくくなります。でも、歩き方によっては、滑り止めがあっても脱げちゃう人もいるかも。
 

正しい向きで履く

正しい向きで履くと、フィット感が違うって知ってました?
まず、足裏にある縫い目が足に対して縦方向になるようにします。はじめに引っ掛けるのはつま先ではなくかかと。その後、つま先に被せるようして履くとずれにくくなるそうです。
 

少し小さめのサイズを選ぶ

あまり極端に小さいサイズは駄目ですが、ちょっと小さめのものを履くと意外と脱げません。
ちょっと小さいということは、フットカバーの締め付け感が違いますよね?よりフィットするので、靴とのズレで脱げることがある程度減ります。紳士の物を履くというのもいいそうですよ。女性ものよりも締め付けが強いくてとてもフィットします。
 

5本指のフットカバー

1007-e
5本指タイプが苦手な人もいますが、これを履くと蒸れやずれを防ぐことができます。
 

かかとを保湿

フットカバーを履く前に塗るとちょっと違うそうです。
 

脱げにくい歩き方

普通に歩いていても、脱げやすい歩き方をしている人がいるかも!?
脱げにくい歩き方は、指先に力を入れて足裏が反るようにして歩けばずれを予防することができます。

 

画像は楽天よりお借りしました。
楽天

 

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top