la pomme

今、ロシア勢が熱い!フィギュアスケートで注目すべきロシア人選手は?

今、ロシア勢が熱い!フィギュアスケートで注目すべきロシア人選手は?

フィギュアスケートで快進撃を続けるロシアの選手たち!

今まで、日本のフィギュアスケート選手はほとんどの大会で表彰台に上がっていました。
ですが、ソチオリンピックがが終わり、男子は高橋大輔選手・織田信成選手、女子は鈴木明子選手が引退。日本女子フィギュアのエースであった浅田真央選手も、今シーズンは休養しています。

そんな中、近年ロシアの若手選手が大成長!
2014年のグランプリシリーズでは、男女合わせて6つもの金メダルを獲得しました。
 

2014年グランプリファイナル出場決定選手

先日、グランプリシリーズの最後の大会であるNHK杯が終わり、グランプリファイナルへの進出者も決定しました。
出場選手は以下の通りです。

男子

マキシム・コフトゥン(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
町田樹(日本)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
無良崇人(日本)
羽生結弦(日本)

女子

エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ(ロシア)
アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)
ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)

グランプリファイナルへの出場枠は、男女ともに6人ずつの計12人。
今年はそのうちの6枠がロシアの選手と、ロシアが出場枠の半分を占めています。
(ソチオリンピックで優勝したソトニコワ選手は、残念ながらケガで大会を欠場していたのでファイナルへの進出はありませんが、もし出場していたら女子は8割がロシアの選手で埋まっていた可能性もあるのですから末恐ろしいですね…)

それだけ今のロシアは強いです。
日本の最大のライバルはロシアといっても過言でもないでしょう。
 

選手紹介

今回出場する6人の選手を簡単にですがご紹介!
(※実績は2012年からの一部のもの)



マキシム・コフトゥン
http://sportsphoto.pro/2014/11/06/9410/2014figure-skate/

マキシム・コフトゥン

1995年6月18日(19歳)

ただでさえ跳ぶことが難しい4回転を、ショート・フリー合わせて5回を演技構成に組み込んだ選手。(2013-2014シーズン)
世界屈指の4回転ジャンパーです。また、2種類の4回転を跳ぶことができる数少ない選手で、あの浅田真央選手のコーチでもあったタチアナ・タラソワに師事して学んでいますし、まだまだ成長が期待できる選手です。

【戦績】
2012年:世界選手権17位 / 欧州選手権5位 / ロシア選手権5位 / ジュニアグランプリファイナル優勝
2013年:世界選手権4位 / 欧州選手権5位 / ロシア選手権1位 / グランプリファイナル5位



セルゲイ・ヴォロノフ

セルゲイ・ヴォロノフ

1987年10月3日(27歳)

昔から積極的に4回転+3回転のコンビネーションを組み込んできた選手です。
また、彼も2種類の種類の4回転ジャンプを飛ぶことができる選手の一人。
そして何よりもジャンプが高い!その高いジャンプから繰り出される4回転は見所の一つ!

【戦績】
2012年:ロシア選手権2位
2013年:欧州選手権2位 / ロシア選手権3位



エレーナ・ラジオノワ

エレーナ・ラジオノワ

1999年1月6日(15歳)

2012年はジュニアの主要大会のタイトルを総なめにした、実力のある選手です。
技術はもちろんですが、表現力もスゴいです!エキシビジョンでは、愛らしいルックスを生かした可愛いものから、ゾンビになりきったものまでたくさん!
ソチオリンピックには残念ながら年齢制限で出ることができませんでしたが、エキシビジョンでは特別ゲストとして出場し、観客を魅了しました。
なんだか昔の浅田選手を彷彿させるような選手。これからにも期待大です!

【戦績】
2012年:ロシア選手権2位 / 世界Jr.選手権1位 / ロシアJr.選手権1位/ ジュニアグランプリファイナル1位
2013年:ロシア選手権3位 / 世界Jr.選手権1位



エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ
1996年12月17日(17歳)

一時期は成長による身体の変化で苦しんでいましたが、今年見事に復活!
グランプリシーズでは、今までの不調が嘘のような堂々たる演技でした。
また、ジャンプの天才と謳われた安藤美姫選手を超えるとも噂されているほど、技術を持っています。
表現力も独特のオーラがあり、見る人を惹きつけます。

【戦績】
2012年:欧州選手権3位 / ロシア選手権1位
2013年:ロシア選手権10位



アンナ・ポゴリラヤ

アンナ・ポゴリラヤ

1998年4月10日(16歳)

生まれ持った長い手足を活かした、高さのあるジャンプを見せてくれます。
あまり注目されていませんが、実力ある選手です。
近年どんどん実績を残してきているので、これからの成長に期待大!


【戦績】
2012年:世界Jr.選手権3位 / ジュニアグランプリファイナル3位
2013年:世界選手権4位 / ロシア選手権8位 / グランプリファイナル6位



ユリア・リプニツカヤ

ユリア・リプニツカヤ

1998年6月5日(16歳)

ソチオリンピックの団体戦でロシアの金メダルに貢献した選手。
関節がとても柔らかく、その柔軟性を活かした彼女だけの技である「キャンドルスピン」は圧巻。
総合力がとても高い選手ですが、特にスピンが美しいです。

【戦績】
2012年:世界Jr.選手権2位
2013年:世界選手権1位 / 欧州選手権1位 / ロシア選手権2位 / グランプリファイナル2位
 



見てわかると思うのですが、「美形」が多いです。(なんて羨ましい…)
その上実力もあるのですから、末恐ろしい…

気になった方は、是非グランプリファイナルを見てください!
放送日程は12月12日(金)~14日(日)の計4日間。

詳しくはコチラ→http://www.tv-asahi.co.jp/figure/
 


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top