la pomme

服のセンスがいい人がこだわるポイントとは?

服のセンスがいい人がこだわるポイントとは?

なんとなく真似してるだけじゃオシャレじゃない!?

「服のセンスがいいって言われたーい!」

と思うのは女性なら誰でも思いますよね。
何かコツがあるのかな?なんて考えても、なかなかポイントが分からない…そんな人も多いはず。

そこで、コツをご紹介。
これであなたもオシャレの仲間入り!?

自分の好みを知る

  • 美しいと思うもの
  • 自分の美的センスにあったもの


まずはこの2つをはっきりさせましょう。すると、自分が思う「キレイ」が具現化されていきます。
美的センスは、ファッション誌を読んでいると、自ずと磨かれていきます。他にも、街中で「あの服装オシャレだなー」という人を探してみたり、ショップの店員さんの服装をじっくり観察してみたり。
 

自分に合う服を知る

センスのいい人は、自分を客観視することができています。
流行ファッションやトレンドにすぐ食いつく人が多いですが、そのトレンドが「自分に似合っているアイテムかどうか」という見極めが必要です。何となくで着ても、自分に似合ってなかったら意味がありません。

2016年の流行色はやわらかいブルーとフェミニンなピンク。

一言で「やわらかいブルー」「フェミニンなピンク」といっても、そのカラーバリエーションはたくさんあります。その中から、どれが自分に似合う色か、似合わない色か、というのを見極めましょう。

状況にあわせて素材にこだわる

デザインにはよく目がいくけど、素材まできちんと見てる人いますか?
おしゃれな人は、季節や状況に合わせて素材を選んでいます。似たような服でも、素材が違えば雰囲気も変わってきます。もちろん、オシャレ度もアップ♪

例えばジャケット。
麻のジャケットだと涼しそうに見え、ウールのジャケットだと温かそうに見えます。こういった素材の違いを、オシャレな人は理解して楽しんでいます。

必ず試着して自分に合ったサイズを購入する

多くの人がやっていると思いますが、気に入ったものは一度試着して、自分にピッタリかどうか確認しましょう。
オシャレな人やショップ店員さんなど、アパレル関係の人ほどきちんと試着をしています。

どんなにオシャレで可愛い洋服でも、ピチピチだったりブカブカだったりしちゃもったいない。試着を面倒くさがらず、きちんと着て鏡で見て確かめましょう。

ヘアメイクにこだわる

オシャレな人は、メイクとコーディネートに関連性があることを知っています。
服以外の顔やヘアスタイルも、オシャレな人に言わせればファッションの一部。

同じ髪形でも、服装が違えば印象は変わります。逆に、服装が同じでも髪形が違えば、相手に与える印象は変わります。服装以外のディテールもこだわりたいところ。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top