la pomme

料理の基本!おいしい野菜の見分け方・選び方②

料理の基本!おいしい野菜の見分け方・選び方②

おいしい秋野菜を見極めよう!

料理の「基本中の基本」コーナー第3回目!
前回に引き続き、「おいしい野菜の見分け方」を教えちゃいます!

今回は秋の旬野菜である、さつまいも、里芋、じゃがいも、長芋、ごぼう。
この5つの見分け方をピックアップ!
 

さつまいも

PHFV003

ひげ根が「等間隔」で生えているもの。
毛穴が深いものや硬いひげ根のあるものは、繊維が多いので避ける。
皮に光沢があり、なめらかで、色が均一のもの。
中央がふっくらと膨らんでいるものがGOOD!

また、切り口に茶色く「」が染みているものだと、甘くておいしいです。
 

里芋

f0043911_0272483

泥付きで湿り気があるもの。
割れていないもの。
」が固く、しっかりしたもの。
丸みがあり、小さいめのものの方がおいしい。
芽が赤くなっているものはNG。

また、里芋のおしり(切り口の部分)を触ってふかふかしていたら、傷んでいる可能性があるので避けましょう。
 

じゃがいも

jagaimo640

ふっくらとして丸みを帯びているもの。
緑がかっていないもの。
皮の色が均一で、黒いシミがなく乾いているもの。

じゃがいもには色々な品種があるので、作る料理によって品種を選びましょう。
熱に弱いでんぷんを多く含んでいる「男爵いも」や「キタアカリ」などは、ポテトサラダコロッケに最適!
でんぷんが少なく、煮崩れがしにくい「メークイン」や「ホッカイコガネ」などは、カレーシチュー肉じゃがに使いましょう♪
 

長芋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下に行くにつれて、緩やかに太くなる形をしているもの。
デコボコしていないものがGOOD!
皮にハリがあり、ヒゲ根やヒゲ根跡がたくさんあるものがオススメ。
皮に変色斑点がなく、みずみずしいもの。

また、切って使った後は、キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で保存しましょう。
 

ごぼう

gobou2

土が付いているもの。
10円玉ぐらいの太さのもので、縦に亀裂が入っていないもの。
握った時に弾力性のあるもの。
ひげ根の少ないもの。


以上です。
ぜひ野菜を選ぶときの参考にしてくださいね♪

 

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top