la pomme

寝る前にできる寝癖対策

寝る前にできる寝癖対策

忙しい朝の寝癖直し時間をなくしちゃおう♪

朝起きて寝癖が酷い時、髪を綺麗にを直すのってかなり苦労しますよね。
朝は忙しいし、あまり長い時間さけられない…なんて人も。

でも、きちんと寝癖を直してから家を出たいですよね。

そこで、簡単にできる寝癖対策をご紹介!
朝ではなく、夜の行動次第で寝癖がつかなくなります!

ドライヤー

bda184d8747d1d279087579640a833d1_s

寝る前に、濡れた髪の毛をドライヤーで乾かすのはみんなやりますよね。
ところが、ただ髪を乾かすだけでは不十分!意外と、完全に乾いてなかったりするんです。

完全に髪が乾いてない状態で眠ってしまうと、寝ている間に髪が乱れた状態で乾くので、朝起きると寝癖が酷いことになっているんです。

きちんと髪を乾かすには、ドライヤーの熱風は当たり前ですが、冷風をあてるのもとっても大事!
熱風で髪が温まると、きちんと乾いたかどうか手で触るだけでは分かりにくい。なので、熱風で乾かした後、冷風を当ててきちんと髪が乾いたのかどうか確かめましょう。

仰向けで寝る

fff3ecb2e59707fc8f535666fde3a679_s

寝癖がつかない方法として、「真っすぐに仰向けで寝る」という話を聞いたことある人もいるのでは?
髪の流れに逆らわないようにすれば、寝癖もつきにくくなります。

どうしても寝返りしちゃう人は、低反発枕がおすすめ!
低反発枕は、頭をしっかりと包み込んで固定してくれます。柔らかさもあるので、髪の毛がぐちゃぐちゃになりにくく、頭の形にフィットします。

ナイトキャップ

nightcap

ナイトキャップは、上方の乱れを防止してくれます。うまいこといけば、髪が内巻きになって朝カールさせる必要もなくなります。

でも、わざわざナイトキャップを買ってまでしたくない…そんな人もいますよね。
そんな時は、ゆるめのニット帽を被りましょう。ニット帽もナイトキャップ同様、髪が程よく固定されて寝癖がつきにくくなります。髪質によって相性もあるので、色々と試してみるといいかも。

髪の保湿

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s

髪を乾かして寝るのはもちろんですが、乾かしすぎて髪が乾燥してしまうのはアウト!!
乾かしすぎると髪がパサつき、摩擦で髪が痛んで寝癖がつきやすくなってしまいます。

髪を乾かした後は、少量のヘアケア剤をつけたり、洗い流さないトリートメントをつけて髪を保湿しましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top