la pomme

とってもためになる!「美容師が絶対やらないこと」

とってもためになる!「美容師が絶対やらないこと」

トリートメントは毎日しちゃだめ!?

いつも家で髪のためにやっているあれこれ。
それが、髪にとってよくないことがあるって知ってましたか?

「美容師さんが絶対にやらないこと」を知っておくと、髪のためになるんだとか。
そりゃ髪に関してはプロですから、美容師さんがやらないことは髪に良くないってことですよね。

そこで、美容師さんが“絶対にやらない!”という行為をいくつかご紹介。
これを覚えれば、あなたの髪質が良くなる!?
 

シャンプーをケチらない

「もったいないからケチって使ってる」という人いますよね。ちょっと高めのシャンプーの時とか、もったいなくてついケチった…なんてことも。
美容師はそんなこと絶対しません。

少量で泡立ちの悪いシャンプーで洗っても、きちんと汚れは落ちません。
既定の量で泡立てることで、表面積が増えてシャンプーの伸びが良くなります。
 

毎日トリートメントはしない

美容師さんは、頻繁にトリートメントをしないそうです。
頻繁に使用すると、扱いづらい髪になってしまうそうです。

トリートメントは、髪の毛に皮膜を作って表面をコーティングしてツヤや手触りをよくするもの。毎日トリートメントしていると、皮膜が厚くなってドライヤーで乾かすのもひと苦労!セットもしづらくなるし、カラーリングやパーマなどへの影響も出てきます。
仕上がりが良くてつい頻繁にやってしまいがちですが、やりすぎには注意です。

トリートメントをするのは1~2週間に1度でいいようです。
 

ドライヤーは下からあてない

つい乾かしやすくて下からドライヤーをあてて乾かしていませんか?
下からドライヤーを当てると、髪のキューティクルの流れに逆らうことになってしまいます。なので、キューティクルが傷んでパサついた髪に。

一番いい方法は、自分ではやらずに誰かに乾かしてもらう。
でもこれ、なかなかできませんよね。下から煽らず、手で髪を動かしながら乾かすことを意識して行いましょう。
 

高いシャンプーがいいものではない

値段の高いシャンプーなら、きっと効果も間違いない!髪質がよくなる!
こう思っている人って多いですよね。これ、大間違いなんです。

肌質と同じように、髪質も人それぞれ。安価なシャンプーが自分の髪質にピッタリ!という人もいれば、高価なシャンプー使っても自分の髪質には合わない…なんて人も。金額が全てではないので、自分の髪質にあったシャンプーを選んで使いましょう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top