la pomme

意外とやっちゃうお風呂でのNG行為

意外とやっちゃうお風呂でのNG行為

あれ?美容のためにやってるはずが肌が悪化…!?

毎日入るお風呂。美容のため、半身浴などしてがんばってる人もいますよね。
でも、それらの行為が実は逆効果だった!なんてこともあります。

正しい入浴方法をちゃんと理解してますか?
よかれと思ってやっていたことが、実は肌に悪かった!なんてことあってほしくないですよね。一度、正しい入浴方法をおさらいしてみましょう。
 

熱いお湯はNG

これから寒くなってくる季節にはやりがちですよね。特に時間が無いとき、早く身体を暖めたくて熱いシャワーをさっと浴びる…こんなことしてませんか?
熱すぎるお湯は、肌への刺激となってかゆみの原因や肌の潤いを減らしてしまいます。
また、水に触れるだけで落ちてしまう肌の保湿成分が、熱いお湯でさらに流れてしまい、肌の乾燥がより早くなってしまいます。もちろん肌だけではなく、頭皮も同じ。

全身の潤いを保つためには、お湯の温度は38~40℃が目安です。
 

長時間の入浴はNG

女性の方だと、半身浴や長時間の入浴をする人もいますよね。
あまり長時間入浴していると、体内の水分を大量に失っているって知っていましたか?また、温度高めのお湯に長時間浸かっていると、肌の油分が失われ、カサつきの原因になることもあります。

長風呂で汗もかきますよね。汗と一緒に、ビタミンやミネラルなども過剰に排出されてしまいます。そして、角質層の潤い成分でもあるセラミドも失ってしまます。

長風呂せずに、短時間でささっと済ませるのが良さそうですね。
 

保湿成分入りのものに頼り過ぎない

保湿成分たっぷりのボディソープで洗うと、洗い上がりがしっとりしています。なので、保湿をしなくても大丈夫!と感じてしまいます。
でもこれ、間違いなんですよ。

身体を洗っただけでは保湿は不可能です。さらに、身体を洗った後、湯船に浸かると保湿成分は流れてしまいます。なので、お風呂上りには、顔だけでなく身体もクリームなどで保湿してあげましょう♪
 

ゴシゴシと洗うのはNG

しっかりと汚れを落とすには、ゴシゴシと洗ってしまいがち。でもこれ、肌を傷つけてしまってるんですよ。
特に、ナイロンタオルでゴシゴシするのは良くないです。過剰に皮膚を刺激してしまい、保湿に必要な皮脂や皮脂常在菌までも洗い流してしまいます。

ゴシゴシしたくなる気持ちを抑え、肌のことを思って優しく洗いましょう。
 

身体をすすがない

こちらは入浴剤を使った時のお話。
ボディソープ同様に、保湿成分が含まれる入浴剤ってありますよね。このお湯に浸かった後、肌がしっとしとした感じになります。そのため、身体を通常のお湯ですすがずにそのまま出てくる…なんてことありませんか?実はコレ、かゆみや吹き出物の原因になるかも!?

もったいないような気もしますが、お風呂から出るときは、必ずお湯ですすいでからでましょう。

 

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top