la pomme

生理前ニキビを予防しよう

生理前ニキビを予防しよう

どうして生理前になるとニキビができちゃう!?

働く女性に多く見られる生理前ニキビ
生理だけでも大変なのに、1ヶ月後にまたできてしまうかもしれない…という不安がわく方もいるそうです。

一般的に生理前のニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっていると言われています。そこで、ホルモンバランスに注目して、生理前のニキビの原因とすぐにできる予防法についてご紹介!

生理前のニキビは、ホルモンバランスを整えることがカギ。普段の生活習慣を見直すことで、生理前のニキビが無くなるかも?
 

女性ホルモンの乱れ

生理周期は、排卵を境に2つの女性ホルモンが交互に優位になります。

  • エストロゲン・・・・・生理終わり~排卵までの約1週間、分泌が高まる
  • プロゲステロン・・・・・生理前の約2週間、分泌が高まる

エストロゲンは、別名「美肌ホルモン」と呼ばれるほど、美肌に欠かせないホルモン。生理前のニキビは、このエストロゲンが増加する時期に少なくなったり、おさまったりという人が多くなりやすい。
このホルモンには、コラーゲンやヒアルロン酸を増やし、肌に潤いを与える働きがあります。そのため、肌のキメが整って皮脂量も抑えられます。

プロゲステロンは、男性ホルモンと似たような働きがあり、皮脂が過剰に分泌されます。生理が終わって美肌になったなー、と思った矢先にニキビがポツン、とできてしまうなんてことも。
更にこの時期は体温が高くなり、熱がこもって炎症を起こしやすい時期とも考えられています。

すぐに出来る生理前のニキビ予防法

毛穴に注意しながら正しいケア

プロゲステロンが活躍する黄体期は、肌の水分量が減って乾燥が進むの特徴。さらに、皮脂量が増えて毛穴に詰まりやすく、炎症を起こしやすいのでニキビが発生しやすくなります。つまり、毛穴に皮脂を詰まりにくくすることが大切。

特に、生理前2週間は肌も敏感。マイルドな洗顔料で余分な皮脂を取り除き、しっかりと保湿することが大切。
ビタミンC誘導体化粧水や、ノンコメドジェニックの表示がある美容液なども肌の油分や水分を調達し、ニキビができにくい肌へと導いてくれます。
 

睡眠は6~8時間

生理前の2週間は、プロゲステロンが活躍する時期。この時期は、高温期と言われていて体内の温度が上がります。
そのため、なかなか寝付けなかったり、疲れているのに睡眠不足になりがち。
 

油分を抑えた食事

プロゲステロンが活躍する時期は、皮脂量が増えるので油分を控えた食事がおすすめ。さらにビタミンB群は皮脂の分泌を抑える作用があるので、普段より多めに摂取したいところ。
 

ビタミンが多く含まれた食材

  • ビタミンB1・・・・・玄米、豚肉、ごま
  • ビタミンB2・・・・・レバー、卵、大豆、緑黄色野菜
  • ビタミンB6やB12・・・・・魚など

玄米ご飯、わかめの味噌汁、納豆、まぐろの刺身など、和食中心の食事がおすすめ。
忙しくて自炊が出来ないという方は、玄米おにぎりとたっぷりのサラダや、サプリメントの活用をしてみましょう。

また、この時期はむくみやすく、便秘にもなりやすい。むくみに効果のある食品は、きゅうり、キウイ、小豆、海藻類など。便秘気味の場合は、食物繊維の多い食品をとりましょう。
 

体内を温める

冷えると、ホルモンバランスが乱れて、結果的にニキビの悪化に繋がります。普段から温かい飲み物をとったり、半身浴をしたり、腹巻きなどをして身体の中心を温めるように心がけましょう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top