la pomme

その知識は間違い!?間違えやすい6つのニキビ常識

その知識は間違い!?間違えやすい6つのニキビ常識

あなたのニキビ知識間違ってませんか?

友人に間違った意識を教えてしまったりしていませんか?
意外と、ニキビの原因を誤解している人って多いんです。

そんなニキビに関する知識で、間違いやすい3つをピックアップ。
自分の知識が間違ってないか、チェックしてみましょう。

ニキビの原因は皮脂分泌が多いから?

よくニキビの原因は、皮脂分泌が多いことだと思っている人がいます。しかしこれは大きな間違い!
皮脂分泌が多い肌のタイプは脂性肌ですが、ニキビができるのは脂性肌の方だけではありません。皮脂分泌の少ない乾燥肌の人でもニキビはできます。

そうなるとニキビの原因は、皮脂分泌が多いことが原因とは限りませんね。原因はたくさんあり、ストレス、ホルモンバランス、生活習慣なども関係していると言われています。

なので、皮脂分泌が多いからといって、それがニキビの原因となることはありません。
ニキビができる過程は、「毛穴が塞がれることで皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖してしまうこと」が原因。皮脂が多くても、肌のターンオーバーで古い角質の排出が正常に行われれば、毛穴が詰まることはなく、ニキビになる可能性も低いのです。
逆に皮膚の代謝が悪いと、皮脂量が少なくても毛穴に詰まってしまい、ニキビになる可能性が高い。

皮脂量は関係なく、毛穴が詰まりやすかどうかが問題ということです。 

男性ホルモンが多い人にニキビができやすい?

男性ホルモンが多い人にニキビができやすい、とよく言われます。男性ホルモンは皮脂腺を刺激するので、毛穴が詰まりやすくなってニキビになりやすいことは事実。

でも、女性の身体はそう簡単には男性ホルモンが増えることはないし、誰でも男性ホルモンは存在します。
ただし、ホルモンバランスがニキビに影響することは事実!

思春期ニキビは、ホルモンバランスによってできるもの。
年齢と共にバランスが安定することで思春期ニキビが治まってくるので、ホルモンがニキビに関係していることは間違いありません。

洗顔すればするほど治りやすい?

ニキビができると「清潔にしなきゃ!」「とにかく綺麗にしなきゃ!」と思って何度も洗顔する人っていますよね。

洗いすぎはニキビにはよくありません。洗顔を頻繁にすると、ニキビそのものに触れる機会が多くなり、それが刺激となって乾燥しがちに。ニキビにとって乾燥は大敵!

なので、洗顔は朝晩の2回程度に抑えるのがおすすめ。
洗顔後は乾燥しやすいので、乾燥を防ぐためにも保湿ケアは忘れずに。

甘いものを食べるとニキビができる?

誰もが一度は聞いたことのある台詞ではないでしょうか?
甘いものや脂っこいものは、脂肪分が多い食べ物なので、食べると血液中の脂肪が増えて、増えた脂肪が原因で皮脂が分泌されてニキビができる、という話。

実際は全く関係ないんです。
甘いものを食べようがあぶらっこいものを食べようが、それらに含まれる脂肪で皮脂が作られることはありません。それに、皮脂がニキビの原因ということでもないんです。

メイクするとニキビができる?

メイクをするとファンデーションが毛穴を塞ぎ、皮膚呼吸や皮脂分泌の邪魔をしてニキビができたり、ニキビを悪化させるとい言われています。でもこれも間違い。

昔は、メイク用品に油分が多く含まれていたので、それが原因でニキビができるということはありました。最近は、メーカーの技術も進歩しているので、その点は大分改善されてきています。
なので、メイクとニキビの関係性はあまりません。

国内の化粧品メーカーのファンデーションや、UVカット化粧品などは非常にレベルが高く、つけている方が紫外線カットすることができるので逆に良いとされています。でも、化粧のしすぎや四六時中肌に化粧をしている状態は、あまり肌には良いとは言えないので適度に使い分けましょう。

あぶら取り紙を使うとニキビができやすい?

ニキビができるのはオイリー肌で皮脂の多い人。だからあぶら取り紙で皮脂をこまめに抑えれば、ニキビはできないという話。
これも実は間違いなんです。

あぶら取り紙は、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうので、使えば使うほど皮脂がたくさん分泌されしまうので逆効果。
結果、必要以上の皮脂が分泌され、余計にニキビができやすくなってしまいます。しかもあぶら取り紙は皮脂だけではなく水分も奪ってしまうので、インナ―ドライ(脂性乾燥肌)になってしまいます。

テカりが気になる場合は、ティッシュなどで軽く押さえるだけで十分です。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

女子のための総合情報サイト「ラ ポム」。ファッション、美容、ダイエットや女子が気になるニュースをピックアップしています。

Return Top